仮想通貨

仮想通貨用語集(あ行〜さ行)

仮想通貨王子のオススメ取引所

■取引手数料から見た仮想通貨王子のオススメ取引所■

仮想通貨取引所ZAIF(ザイフ) <全ての通貨で板取引、指値売買可能、取引手数料鬼安!!>

仮想通貨取引所QUOINEX(コインエクスチェンジ) <様々な通貨ペアでイーリアムが買える!!>

仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク) <2018年6月末まで取引手数料無料キャンペーン中!!>

ビットバンクトレード<仮想通貨ビットコインFXならこちら>

GMOコイン<株でおなじみのGMOの仮想通貨取引所>

仮想通貨取引所コインチェック(coincheck) <ファクトムの取り扱いはコインチェックだけ!>

仮想通貨取引所ビットフライヤー <高セキュリティの日本仮想通貨取引所!!盛んなBTFX> 

 

仮想通貨初心者向けの用語集です。あ行〜

あ行

アービトラージ…通称アビトラ。アビトラージは取引用語でさや取りという。仮想通貨界隈はまだ流動性に乏しい部分がありリアルタイムで

某A取引所でビットコインが90万円 某B取引所で100万円で販売している場合などがある。この価格の乖離を利用して利ざやを取ることを言う。

仮想通貨では某Aで購入した通貨をB取引所に送金しそこで売るなどすることで上記が実現する。送金スピードが速い通貨でないとうまくアビトラできないらしい。

アビトラをやろうとして送金詰まりに出くわし損失を被るケースも。

アルトコイン…Alternatiibe coin(代替えコイン、オルトコイン)の略称でbitcoin以外の仮想通貨の総称です。ビットコインはオープンソースなのでそれに元に改良

付加機能を加えたものがアルトコインと言えます。代表的なものでイーサリアムやLISK,ライトコイン,モナーコイン(MONACOIN)などが挙げられます。全世界で総数は1100種類を超えると言われています。

ICO(アイシーオー)…intial coin offering.イニシャルコインオファリング.新規仮想通貨公開のこと。

資金を調達したい企業や団体、プロジェクトがプラットフォーム通貨上で独自のトークンや通貨を発行し販売することで資金を調達する方法のこと。

株式を活用した資金回収方法IPOとは異なります。また実態の伴っていない詐欺まがいのICO等精査が難しい為国によっては規制の対象となっている場合もあります。

ここで言うプラットフォーム通貨とはetereumやNEO(ネオ),waves等の通貨を指します。

アルファ版…α版、開発初期に置いて性能や使い勝手などを評価する為にテスターや開発者向けに展開される。正式版の1歩前の段階を指すことが多い。

アトミックスワップ…取引所や第三者の介入なしにエンドユーザー同士で異なる種類の通貨の取引を可能とする。アトミックスワップはビットコインやLitecoinなど一部の通貨で成功している。今後もアトミックスワップ可能通貨は増えて行くと思われる。

ATH…オールタイムハイのことである。前回最高値を更新した時にATH更新と言っているアカがあるがつまりはそう言うことである。

握力…仮想通貨やホールドしている銘柄を売らずに保有し続ける力の総称。仮想通貨界隈ではゴリラ並みの握力も必要とする。

IYRK…行くでやるでリップル買いましの略。りんごのマークで有名なツイッター界のリップラーインフルエンサー100億さんの名言。

LISK愛好家,Liskerは上記を代用してIYLK(行くでやるでリスク買いまし)と流用するケースもあります。

イーサリアム…元ビットコインのエンジニア若き天才ヴィタリックブリテン氏が作り上げたプラットフォーム通貨

ICOでトークンを発行する為のプラットフォームとして利用されたり、Dappsとして利用されたりと決済以外の機能も持つ。

スマートコントラクト(賢い契約)など決済に条件をもたせたりなど融通の利く開発が可能でいつかビットコインを超えるbitcoin2.0とも言われている。

イーサリアムのステージは1フロンティア→2ホームステッド→3メトロポリス→4セレニティのロードマップを掲げており現状のステージはメトロポリス。(2018/2/14現在)

最近POWからPOSになりました。

イナゴ…急騰した通貨、銘柄に飛び乗る事を言う。初動で乗れないとまあまあガラのリスクがある。

イナゴタワー…通貨の高騰が話題を呼び更に高騰して値動きのチャートが命を刈り取るような形をしていること。イナゴタワーを形成しているなどの表現をする。

ヴィタリクブリテン…イーサリアムの創設者で元ビットコインエンジニア。

ウォレット..仮想通貨を保存する為のお財布のようなもの。取引所、交換所からウォレットの受け取りアドレスに送金することにより資金移動させる。コールドウォレットやホットウォレットなどのセグメントに分かれる。

取引所に置きっぱなしにするより安全と言われているがそれは個人の管理に委ねられている。Trezorやレジャーナノなどのハードウェア

ウォレットから仮想通貨公式が提供しているNANOwallet,コールドウォレットとして機能するペーパーウォレットなどがある。

SDK(エスディーケー)…software development kitのことである特定のハードウェアやオペレーティングシステム上で動作するソフトウェアを開発する為に必要な各種のツールをひとまとめにしたもの。ソフトウェア開発キット。

オンチェーン…送金や取引をブロックチェーンに直接記録するやりとり。このやり取りが増えると送金詰まりや手数料高騰を引き起こしたりする

億り人...仮想通貨で億に到達した人。逆に損をした人を送り人と言う

オフチェーン…ブロックチェーン上に直接記録されないやり取り。ビットコインのライトニングネットワークやイーサリアムのライデンネットワークなどはオフチェーンにあたる。

おは養分…ツイッター仮想通貨インフルエンサーぼのぼのですよさんの名言。

OL...ほとんどの場合が女性のOL(オフィスレディ)だが、仮想通貨twitter民の場合OL(おっさんリスカー,おばさんリスカー)の場合がある。注意である。

中には分かりやすくOL♂と表記してくれる方もいる。その場合あおっさんLiskerもしくはお兄さんLiskerである。

 

仮想通貨初心者向けの用語集です。か行〜

か行

仮想通貨…ブロックチェーン、暗号技術を駆使した暗号通貨のこと。

買いまし…仮想通貨を買い足して行くこと。

仮想通貨交換所(取引所)…不特定多数の利用者から成る買い板、売り板を元に売買を成約させるため。買い注文や売り注文の約定のスピード感は取引量、

出来高に左右される場合がある。

指値でドンピシャで売り買いできればお財布に優しい場合もある。

仮想通貨販売所…個人と販売所の双方でレートが決まる。売り板、買い板を立てる必要がなく買いや売りが即座に決定する。レートは多少高めのことが多い

ガラ来た…ガラっているとも言う。仮想通貨チャートが暴落する事。多分ナイアガラから来ている。

ガチホ…ガチホールド(ガチhold)の略。どんなことがあっても売らないと言う強い気持ちを表現するために仮想通貨界隈で使われることがある。

Github…ギットハブとはコンピュータのプログラムの元となるソースコード(source code)をインターネット上で管理するサービス。複数人が関わるソフトウェア開発でソースコードの共有やバージョン管理を行う。Github上にリポジトリと呼ばれる場所があり、そこでは作業の進捗の確認などで活用できる機能を有する。オープンソースソフトウェアの開発に活用される。

逆神…これから価格が上がるだろうと予想しては外れ、これから価格が下がるだろうと予想しては外れる存在。ただこの人の逆を行けば勝てると方位磁石のように扱われツイッター界隈では人気の存在。逆神リストに入れられることはある意味名誉なこと。

クリプトカレンシー…cryptocurrencyはブロックチェーンやテクノロジーの根幹を指す。

草コイン…草coinとはビットコインやメジャーなアルトコイン以外のこれ本当に利用価値あるのか?ブロックチェーンでやる必要あるのか?

不安になるようなギリギリの銘柄の総称として使われることがある。ただ稀に大きく化け10バガーすることもある。

comsa(コムサ)…日本初のICOプラットフォーム。ZAIF(ザイフ)が運営している。初心者は優良ICOの選別などが難しいと言われているcomsaが救世主になれるか注目が集まっている。

コールドウォレット…インターネットから完全に切り離された仮想通貨ウォレットのことを指す。オフライン環境のウォレットのこと。ネット環境から切り離されている為ハッキング被害にあいにくい、不正アクセスなどに強いなど特徴がある。

川昌さん(鰻屋さん)…おそらく世界でいちばん最初に仮想通貨決済でうなぎを食べれるようにしてくれた埼玉のお店。とても美味しいので是非行ってみてください。

剛力組…ZAIFのCMで仮想通貨を始めた人の総称。通称ZAIFer(ザイファー)屈指の握力自慢が集まっていると総称されている。

GOX…ゴックスとは預けていた仮想通貨やビットコインが取引所倒産などで失ったり、仮想通貨取引所がハッキングされて保有している通貨を失うこと。

ツイッターインフルエンサーの音速さんはGOXGOXつまりGOX2冠。このようにビットコイン、イーサリアム界隈ではこのようなゴックス事件に巻き込まれることは少なくない。

常日頃からのウォレット管理が重要であるが、暗号キーやパスワード、ハードウェアウォレット自体を紛失するなど自分が原因のことをセルフGOXという。

マウントゴックス社がビットコインを盗まれた事件から通称そのように通貨を失うことの総称をそう呼ぶことにしている。

 

 

仮想通貨初心者向けの用語集です。さ行〜

さ行

side chain(サイドチェーン)…メインのブロックチェーンから枝分かれして構成されるチェーン。The DAO事件の時はハードフォークという方法で通貨を守ったが、サイドチェーンは必要があればメインチェーンと切り離しなどが可能でハッキングなどの処理対応がし易い等といったメリットがある。

ZAIFer...ザイファーとは仮想通貨取引所ZAIFの愛好家である。

JC…女子中学生のJCの意味もあるかもしれないがツイッター仮想通貨民のアカウント名にJC表記がついている場合は,JC=ジャンピングキャッチイナゴしているおっさん

の略称である。全力JCは全力でジャンピングキャッチをしている人のことである。仮想通貨から株、その他金融商品までジャンピングキャッチするマルチなイナゴも稀に

生息する。

JK…ほとんどの場合は女子高生のJKだがツイッター仮想通貨民のアカウント名のJK表記はほとんどの場合自宅警備員17年目という場合が多い。ほとんどがおっさんだがお姉さまの可能性もあるので注意

ジャンピングキャッチ…銘柄を貴音高騰中に掴むプロのイナゴ

スキャルピング…超短期トレード。薄利多売を追求した手法のこと。

スキャムコイン…scamは詐欺の意味です。詐欺コインのこと。詐欺を目的とした悪質な仮想通貨などの総称を指す。悪口で言う人もいる。

スプレッド…売買をする際に生じる価格の差額のことをいう。スプレッドが大きいと利益を出し辛い。

slack…スラックはビジネス向けのチャットのことを指す。アメリカ発のサービスで開発はスチュワードバターフィールド。ダウンロードは200万を突破している。仮想通貨の銘柄の情報収集などで使っている人が多い。

stack…コンピュータの処理中のデータを一時的に避難させること。

segwit(セグウィット)…トランザクションのやり取りを小さく圧縮してデータの総量を小さくする技術のこと。送金詰まりやスケール向上の為に検討されているが賛成派、反対派もいる。

ソフトフォーク…最終的に通貨を分裂させないで通貨自体の仕様変更などで済ませること。反対語として最終的に通貨を分裂させるハードフォークがある。

銭投げ…zenny投げ。ビットゼニーを誰かにあげること(bitzeny)