仮想通貨

リップルが買えるビットバンク(bitbank)口座開設がおすすめ

本日は仮想通貨取引所Bitbank(ビットバンク)についてまとめた記事です。

リップルが日本円で購入できる取引所ビットバンクの登録はコチラ

 

仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank)

ビットバンク(bitbank)の取り扱い銘柄

ビットバンクでは

ビットコインは勿論以下のアルトコインの取り扱いがあります。

 

Ripple(XRP,リップル)

Litecoin(LTC,ライトコイン)

MONACOIN(モナコイン)

Ethereum(イーサリアム,ETH)

 

ビットバンク(bitbank)長所

ビットバンクではビットコインだけでなく

リップルなどのアルトコインも板取引指値注文ができることです。

 

コインチェックが今売買取引できないためRipple(リップル,XRP)を購入できるところが

少なくなりました。そのため今Bitbank(ビットバンク)はリップルを円建(XRP/JPY)

で購入できる数少ない貴重な取引所と言えるでしょう。

購入、売却画面はこんな感じです。

ビットバンクのトレード画面

ビットバンクの公式サイトより引用

 

ビットバンク(bitbank)のセキュリティ 2段階認証など

ビットバンクはログインの際の2段階認証の設定が可能です。

またその際購入した仮想通貨の出金にも2段階認証がかけれます。

 

送金先宛先の登録の際も2段階認証がかけれます。

また送金の際は確認メールがアドレスにくる仕組みになっており

そのメールに記載されているURLを踏まないと送金されません。

 

日本国内の仮想通貨取引所の中でもこういったセキュリティは進んでいる取引所ではないでしょうか?

確認URLをクリックするとこのような表記が出ます。

ビットバンクの2段階認証

ビットバンク(bitbank)のセキュリティ ウォレットについて

ビットバンクはコールドウォレットの管理が進んでいると言えるかもしれません。

某取引所に比べてコールドウォレットの対応が多いように見受けられます。

 

以下ビットバンクの公式サイトブログより引用。2018年1月記事

リップルが日本円で購入できる取引所ビットバンクの登録はコチラ

ビットバンクセキュリティ

マルチシグ自体はできる通貨もあれば通貨の性質上できないものもあるようですね。

 

 

イーサリアムはスマートコントラクトの機能を利用しマルチシグみたいに使うことが

できるそうですが今より強固なものにするため対応を進めている形のようです。

ビットバンク(bitbank)の取引手数料

ビットバンクの取引手数料は非常に安いです。

今は様々な通貨のペアの取引が手数料無料のキャンペーン中です。(2018/3/5段階)

キャンペーン期間中に安く購入できるチャンスかもしれませんね。

 

リップルが日本円で購入できる取引所ビットバンクの登録はコチラ

ビットバンクの取引手数料

ビットバンクの公式サイトより引用

ビットバンク(bitbank)からの仮想通貨出金手数料について

ビットバンクから仮想通貨を出勤する際は手数料がかかります。

リップルだと1回の出金で手数料が0.15XRPかかります。

 

また最低出金枚数が各仮想通貨ごとに決まっているためご注意ください。

リップルは20XRP以上まとめてでないと出金できませんよ(´꒳`*)

ビットバンクの出金手数料

ビットバンク公式サイトより引用

ビットバンクの取引手数料

ビットバンク公式サイトより引用

取引所トラブルに備えて国内取引所をいくつか開設しておこう

国内の取引所のトラブルに備えていくつか予備で取引所を開設しておきましょう!