仮想通貨

仮想通貨投資、ビットコイン購入はまだ間に合うのか!?

仮想通貨投資はまだ間に合うのか。

仮想通貨投資はまだ間に合う?:市場規模から比較した考察

仮想通貨の市場規模は非常に小さくまだ増加の余地があるのではないかという考察です。

現在

金市場 900兆円

東証一部 638兆円

Apple社株 90兆円

仮想通貨時価総額全体 27兆円

トヨタ株 22兆円

bitcoin時価総額 12兆円

 

というような市場規模であり、日本の有名な会社1社分の時価総額ぐらいしかありません。

 

世界の銀行、統一通貨を目指すビットコインであれば100兆円以上の時価総額規模があっても

良いのではないかと個人的には思っています。

 

仮想通貨投資はまだ間に合う? 仮想通貨投資人口から見た考察

仮想通貨はまだまだ保有率が低いと言えます。

2018年の資料でアメリカでは若者の層を中心に8%程しか仮想通貨を保有していないそう。

 

理由はよく分からない、怪しい、複雑な気がするからというものらしいです。

日本の国内での仮想通貨保有率は10%に満たないと言われており日本国内で見ても

まだ先行者利益が取れる位置にいると考えられます。

 

今日本、韓国、アメリカを中心にビットコインの流動性が高待っており

ウォン、円、ドル建てのビットコイン取引高が上位を殆ど占めています。

coinmarketcap

EUR,ユーロ/ビットコインのペアの時価総額はそこまで高くありません。

 

今後欧州での普及も考えられるため、今のタイミングでスタートすることは

世界的に見ても先行者利益を得れる可能性があると言えそうです。

 

色々な基軸通貨とのペアでビットコインが販売される可能性もありますので注目しましょう。

 

仮想通貨投資はまだ間に合う? ブロックチェーンエンジニア採用求人から見た今後の可能性

今ブロックチェーンエンジニアの求人が大手を中心に増えているのはご存知でしょうか?

某有名な携帯キャリアや外資系コンサルの会社などが今転職サイトでブロックチェーンエンジニアをこぞって募集しています。

 

 

内容としてはイーサリアムベースでのアプリケーションの開発やFintechなどについての求人が多いです。

これだけの大手がこのような求人をかけるということ自体ブロックチェーンの技術と発展に対して

ある程度 前向きな評価をしている可能性が高いです。

 

まだ具体的なサービスが出る前段階というのが非常に重要です。

大手のこのような動きを事前に察知し

先に仮想通貨に投資しておくことはまだまだ先行者利益を得れる可能性があります。

 

 

今後の投資の勝敗を大きく分けることになる可能性もありますので今後も動向は注目すべきでしょう。

また情報が出てすぐ購入できないのは意味がないので事前に

仮想通貨取引所の登録を済ませ日本円を入金することを強くオススメ致します。

 

 

仮想通貨投資はまだ間に合う! 今すぐ始める オススメ取引所口座開設

取引所の登録は ビットフライヤー↗ やZAIF↗がオススメです。

取引所のトラブルなども考えられるので必ず複数の取引所を開設しておきましょう!

 

リップルを指値注文できるビットバンクもオススメです(´꒳`*)

 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

以下のオススメ取引所の記事も良く読まれてます(´꒳`*)

複数の取引所開設のススメ

 

仮想通貨投資はまだ間に合う? 価格から見た仮想通貨投資のススメ

2018年4月2日現在 ビットコインや他のアルトコインの価格は2017年11月現在の価格あたり

までダウンしてきています。

 

これは捉えようによっては今から初めても2017年10月、11月ぐらいから

始めた人と同じステージに立てる可能性があるということです。

 

今はジリジリ価格を下げていますが盛り返せる可能性も十分あるかと考えています。

このジリ下げがどこまで続くかはわかりません。

 

適切な位置でエントリーすることで今まで仮想通貨の投資をしてこなかった

時間的な遅れを取り戻せる可能性もあるので是非この機会に

仮想通貨のことを調べてエントリーしてみてくださいね。