仮想通貨

ICO案件のAcorn Collective(OAKトークン、エイコンコレクティブ)詳細、特徴、プロジェクトについて

今日はICO予定案件のAcorn Collective(エイコンコレクティブ)。

こちらの概要や特徴、どういったプロジェクトなのかについてまとめました。

 

ICO案件のAcorn Collective(エイコンコレクティブ,OAKトークン)とは

ざっくり、クラウドファウンディングをやりやすくするプラットフォームを目指しているようです。

正直WPの内容も具体的なことに触れている部分が少なく非常に抽象的で判断が難しかったです。

 

Acorn Collectiveについて

Acorn Collectiveは、創設者や新興企業が資金調達へのアクセスを見つけるのを支援するためにブロックチェーンを使用しています。

アクセシブルで透明性があり、成功する可能性が高いクラウドファンディングを提供しています。

西部ではクラウドファウンディングは大きく急成長している市場ですが、開発途上国ではほとんど未開拓市場となっています。

 

AcornのICOは、OAKという新しいEthereum ERC-20ユーティリティトークン

Acornエコシステム内の取引

1.非金銭的な報酬のためのクラウドファンディングプロジェクトの支援。

2.創業者による商品およびサービスの市場購入。

3.ポストクラウドファンディングされた製品のためのAcorn Success Shopの消費者による購入。

4. Acorn Payment Gateway経由の外部支払い。

 

アクセス可能なCrowdfunding

Acornは、すべての国を許可し、法的・倫理的プロジェクトを記載することにより、他のどのプラットフォームよりもアクセスしやすくなっています。

他のプラットフォームが群衆のためだけに5~10%を請求する場合、我々は無料でそれを行うでしょう。

当社の柔軟な資金調達構造は、創業者が過度のシード資本を必要としないことを意味します。アクセラレータは、プロジェクトの導入、獣医学およびメンター・プロジェクトに役立ちます。

プロジェクトの成功

AcornのCrowdfunding Engineは、キャンペーンの成功率を向上させます。

それは、成功したクラウドファンデーションキャンペーンを実行するツール、類似のキャンペーンをサポートしている実績のあるバッカーのリストにアクセスするための統計情報、正しい決定を下すための統計情報を提供します。

スマートな契約マイルストーンを使用して、資金を早期に解放することができます。

 

ブロックチェーンの透明性

Blockchainは完全なトランザクションの透過性を提供し、その結果、信頼性が向上し、創業者にとってより高い習熟度がもたらされます。

すべてのトランザクションはEthereumトークンであるOAKを介して行われます。

プロジェクトの支出は常に追跡することができるため、投資家はより多くのお金でキャンペーンをサポートしてくれるだろう。

 

Acorn Marketplace

統合されたAcornマーケットプレイスは、Acornと第三者からのキャンペーンサービスを提供します。

クラウド後のプロジェクトでは、市場でのサービスやプロジェクトのリストをすぐに見ることができます。

創業者は、バックナートレンドや過去のキャンペーンに関するデータにオプションでプレミアムアクセスを行い、キャンペーンに関する正しい決定を下すことができます。

これにより、キャンペーンやクラウドファンド後の配達段階での成功率が向上します。

 

魅力的なトークノミックス

OAKは固定資産ERC-20トークンで、Acornエコシステム内のすべてのトランザクションで、Crowdfunding、市場支出、Acorn支払いゲートウェイ経由の外部購入から使用されます。

実際の効用とは、トークンの実際の需要を意味します。規制当局は当社のICOの通知を受けており、当社の法律顧問の当社のユーティリティー・トークンの分類に異論はない。

 

早期インセンティブ

一部のICOから構成されたプロジェクトインセンティブ基金は、後援者と創業者がAcornに加盟し、OAKトークンを採用するための寛大な早期インセンティブを提供します。

私たちのプラットフォームに参加するプロジェクトに報酬を与えることで、各クラウドファンディングキャンペーンが新しいユーザーを生態系に募集するため、Acornプラットフォームの急速な成長を促進します。

300以上のプロジェクトが既に登録されています。

 

ICO案件Acorn Collective(アコーンコレクティブ,OAKトークン)ホワイトペーパーまとめ

Acorn Collective(エイコンコレクティブ、OAKトークンについて)ホワイトペーパーがでていたのでまとめました。

 

中小企業が資金を調達するための民主的かつアクセス可能な方法であることを約束するcrowdfunding(クラウドファウンディング)の履行を支援しています。

現在のプラットフォームは株式に裏打ちされているため、参入障壁が高く、開発途上国を閉鎖しているだけでなく、しばしば政策を取るなどしているため障壁が高い。

Acornプラットフォームは、どの国でも法的にも自由に使用できるようにする。(予定なのかなっているのかは不明)

クラウドファンディングは、VCを資金援助のための最も一般的な方法として追い抜き、発展途上経済における起業家精神の増大傾向に伴い、巨大で実績のある市場です。

Acornのチームには、Ian Scarffe、Desmond Marshall、経験豊富な商用チームとともに、世界最大の株式クラウドファンディングプラットフォームであるcrowdcubeの元CTOが含まれています。

私たちは世界中の成功したアクセラレータとパートナーシップを組んで、無料の報酬集会を実現します。テクニカルホワイトペーパーの詳細については、Webサイトを参照してください。

https://drive.google.com/file/d/0B1PbmmXatTeAODdsWUl4bmRJOW8/view WPより引用