仮想通貨

ビックデータICO中のDatablockchain(データブロックチェーン,DBCcoin)のプロジェエクト、目的について

本日はイーサリアムでICOに参加できる

Datablockchain(データブロックチェーン,DBCcoin)のプロジェエクト、目的についてまとめました。

ICO中のDatablockchain(データブロックチェーン,DBCcoin)

トークン種別 ERC-20

プラットフォーム イーサリアム

シンボル DBCcoin

プレICOでの価格

ICCO参加可能通貨…○イーサリアム,✖ビットコイン

1 DBCCoin = 0.08 USD

ICOでの価格

1 DBCCoin = 0.12 USD

ICO期間5月27日~6月21日

 

Datablockchain(データブロックチェーン,DBCcoin)のプロジェクト

Datablockchain(データブロックチェーン,DBCcoin)はその名の通り、企業や個人が

プレミアムデータを収集する方法を新しく作り上げる画期的なデータプラットフォームを目指す。

 

ブロックチェーンや暗号記述を駆使しこのデータプラットフォームは民主化し

今よりもデータの収集や精査のやり方よりも簡単に安価に入手可能なシステムを目指す。

 

DataBlockChain.ioは、数千のソースからの何十億ものデータポイントを提供する多様なデータパートナーのネットワークと協力します。

その上でデータを収益化し、収益化することで、データパートナーがより幅広い潜在顧客を獲得できるよう支援。

顧客がデータパートナーデータを使用するDataBlockChain.ioを注文すると、DataBlockChain.ioとデータパートナーの両方が、購入されたデータのパーセンテージを取得します。

DataBlockChain.ioアプローチは、関連するすべての関係者の利益を合理化し最大化します。

 

データブロックチェーンの目的

*データソースプロバイダーにデータへのアクセスを提供し、収益化する権限を与える。

*データプロバイダに完全な透明性、トレーサビリティ、および監査機能を提供する。

*エンドユーザーとデータソース間の信頼関係を構築する。

*企業や消費者に質の高い検証データを提供する。

*エンドユーザーに簡単な支払いシステムを使用して簡単に使用できるインターフェイスを提供する。

 

 

Datablockchain(データブロックチェーン,DBCcoin)のビックデータプラットフォーム

クライアントは費用対効果に優れた透明な方法で特定のデータセットにアクセスし、無関係なデータを支払うことなく、必要なものを正確に収集することができます。

データの集計もカテゴリ別に行い、政府データ、業種別データ、投票記録、ビジネスデータ、財産データ、与信ビューローデータなど、世界最大のデータベースの多くと独自のデータを統合する。

この貴重で価値のあるデータセットを作成し簡単に安価にクライアントがジャストの情報を得れるプラットフォームとします。

このことからコスト面でビックデータの収集、やAIによるデータの精査などを導入できなかった、

個人、中小企業のビックデータの取り扱いニーズなどを掘り起こし潜在的な顧客の未開拓の市場が世界的な段階で開放することを目的としている。

 

 

 

Datablockchain(データブロックチェーン,DBCcoin)のロードマップ

2018年第1四半期

UI Alpha、メディア直接データへのアクセスできるように。

データソース取得フェーズI

2018年第2四半期

MVP *デモ版。スマートインデックス作成エンジンの開発。データソース取得フェーズII。

2018年第3四半期

DBCcoinウォレット開発。

オンボードデータソースパートナーフェーズI段階。

Q4 2018年

DBCOraclesとスマート契約の統合。 UIベータ導入。

Q1 2019年

完全なシステムベータテスト。オンボードデータソースパートナーフェーズII。

Q2 2019年

ライブリリース。

Q3 2019年

DBCCoin報酬プログラム。 AppsbarユーザーへのAirdropプロモーション。