サッカー

サッカーのオフサイドのルール

仮装通貨王女
仮装通貨王女
この前サッカー観戦したけどオフサイドがわからなくて…
仮装通貨王子
仮装通貨王子
わかりにくそうに見えて、覚えたらすごい簡単なルールなんだ!以下で解説するね!

サッカーのフリーキックについて

 

サッカー初心者に分かりにくいと言われているオフサイドのルールを解説します。




オフサイドのルール

サッカーの初心者でも楽しくサッカー観戦したい。

いつもなんとなくにしてしまっているオフサイドのルールを把握しておきましょう。

攻撃側の選手は守備側の選手で後ろから2番目の裏にいる味方選手に直接パスを出せない

上記の緑のようにA,Bが攻撃で赤丸のゴールキーパーを目指して攻めている場合。

緑のAは上記のオフサイドライン先にいる緑丸の味方Bに対して直接パスを出せません。

2013年JFAが改定後のオフサイドルール

2013年にJFAがオフサイドのルールの改定を行いまいした。

オフサイドライン裏にいる選手の<相手競技者に干渉する動き><その位置で利益を得る>

について文章がわかりにくかったので改定されたようです。

2013年前までの相手競技者に干渉するの定義 2013年改定後の相手競技者に干渉するの定義
“相手競技者に干渉する”とは、明らかに相手競技者の視線を遮る、相手競技者の動きを妨げる、しぐさや動きで相手競技者を惑わす、または混乱させると主審が判断し、それによって相手競技者がボールをプレーするまたはプレーする可能性を妨げることを意味する。 “相手競技者に干渉する”とは、明らかに相手競技者の視線を遮る、またはボールへ向う相手競技者にチャレンジすることによって、相手競技者がボールをプレーするまたはプレーする可能性を妨げることを意味する。
旧.その位置にいることによって利益を得るの定義 新.その位置にいることによって利益を得るの定義
“その位置にいることによって利益を得る”とは、既にオフサイドポジションにいて、ゴールポストやクロスバーからはね返ってきたボールをプレーすること、または既にオフサイドポジションにいて、相手競技者からはね返ってきたボールをプレーすることを意味する “その位置にいることによって利益を得る”とは、次のようにボールをプレーすることを意味する。
(ⅰ) ゴールポストやクロスバー、または相手競技者からはね返った、またはそれらに当たって方向が変わってきたボールを、既にオフサイドポジションにいる競技者がプレーすること。(ii)相手競技者が意図的にセーブすることで、はね返った、方向が変わってきた、またはプレーしたボールを、既にオフサイドポジションにいる競技者がプレーすること。しかし.相手競技者が意図的にプレーした(意図的なセーブは除く)ボールを、既にオフサイドポジションにいる競技者が受けたとしても、その位置にいることによって利益を得たとは判断しない
またややこしいですが以下の例外も覚えておきましょう。

例外1.パスを出したボールが相手のオフサイドラインを超え始めたから味方選手がオフサイドライン裏に駆け出しプレーするのはOK

例外2.オフサイドライン裏に攻撃側の選手がいたとしてもそのボールに関わろうとしなかったり、守備側の邪魔をしなければオフサイドとならない。

例外3.ゴールポストやゴールキーパー、弾かれたボールに触れてそのままプレーすることはオフサイドポジションの利益を取りに行く動きと解釈されオフサイドとなる

例外4.相手競技者が意図的にプレーした(意図的なセーブは除く)ボールを、既にオフサイドポジションにいる競技者が受けたとしても、その位置にいることによって利益を得たとは判断しない。