ボカロ

機械音やボカロが苦手な人でも聴きやすいおすすめボカロ曲

ボカロ曲の独特の機械音、無機質な感じが苦手という方の入門向けとして。

また調教が上手な曲を聴きたい方向けにオススメの曲をまとめました。




 

Singularity(KEISEI feat hatsune  mike)

Singularity(シンギュラリティ)は Hatsune Miku Official Live “Magical Mirai 2017

で公開された曲です。マジカルミライは毎年行われている初音ミクや、クリプトンの

ボーカロイドが集まるライブのことです。

初音ミク他のボーカロイドに比べ強く機械っぽくなることがありますが

この曲はKEISEI様によりとても自然に調整されています。

ポジティブダンスタイム(キノシタ/音街ウナ鏡音リン)

キノシタさんは作詞、作曲、イラスト、等全てやっている人です。

ボーカロイドの調整、調教が凄い上手く上記のポジティブダンスタイム

は限りなく機械感が無くしボカロの良いところを残しています。

明らかなボカロ曲がちょっと苦手だなあという方にも聴きやすいはずです。

音街ウナ、鏡音リン、初音ミクをよく使っている印象です。

難聴系男子が倒せない(鏡音リン/LamazeP)

鏡音リンも明らかにボカロ感のある激しめのロックな曲とかを

歌いまくっているイメージですが、このようなゆる可愛い曲も歌っています。

難聴系男子が倒せないは、あんまり激しい曲ではないのでボカロ特有のキンとした音もなく

慣れていない方でも自然に聴くことができる曲の一つです。

39みゅーじっく!(みきとP)

調整、調教劇上手いです。凄く自然に聴こえるので

みきとPさんの39みゅーじっく是非聴いてみてください。

イラスト、動画もクオリティ凄いです。

大江戸ジュリアナイト(初音ミク KAITO)

Mitchie Mさんの大江戸ジュリアナイトはテンポが早い曲で

調整、調教が難しいのですが、非常に自然になるように

初音ミク,KAITOを調整しています。動画も楽しくおすすめな曲。