人狼殺

人狼殺セオリー:12人村人狼の戦略,立ち回り

狼殺セオリー:12人村人狼の戦略,立ち回り




人狼殺セオリー:12人村人狼の戦略,立ち回り

人狼殺12人村では人狼陣営が3人です。9人村と違い狂人はいません。

霊能者がいて自分の黒出しを縄で吊りあげると翌日朝霊能者に偽占い師だとバレてしまいます。

12人村は狂人がいませんので把握漏れないように。



第三陣営の妖狐がおり夜の噛みでは倒せない特殊能力を持ちます。

人狼陣営勝利のためには妖狐を昼に投票で吊る必要有り。

なので9人村と異なり12人村序盤、霊能者が生きている内は黒を打ちにくいところはあります。

序盤は白出してグレーの村人を吊っていき、夜役職者っぽい人を噛んでいく。

という盤面展開、進め方が必要です。

できれば占い師,霊能と狩人はあたりをつけて早めに噛みたいところ。

人狼殺セオリー:12人村人狼、役職乗っ取り

12人村は狩人、霊能者と言う騙りやすい役職も多数あるため、ゲーム終盤役職者が

もういなくなっているような確率の高い盤面ではグレー位置を狭めるためにCoしても

良いと思います。(勝負に出る形にはなりますが)

役職者乗っ取りが決まると人狼陣営はかなりゲームを優位に進められる可能性が有ります。

人狼のハンター騙りはのCOは発砲で審議がついてしまうのでやめた方が無難。



霊能者か狩人にした方が破綻しにくい。

人狼殺セオリー:12人村人狼、妖狐を吊る

人狼陣営の勝利条件として、村人と同数になるのに加えて

その時に妖狐がいないことが条件です。何としても妖狐を見つけて吊りましょう。

人狼は妖狐を見つけて昼に吊り上げる、もしくは真占い師に占ってもらって溶かす

以外妖狐を倒せません。自分たちで夜噛みに行っても妖狐は耐えてしまうからです。

夜噛みが起きなかった場合<占い師や役職者を噛みに行って守られたケース除く>

狩人の守りなのか妖狐を噛んでしまったかの2択になります。

人数が多い初夜などは流石に守り位置と噛み位置が被る確率が低いので



人狼陣営側は妖狐と判断し、昼にその人間の発言の黒い部分などがあれば

指摘して吊りに行くように話を進めるべきです。(無理にやるとバレるので注意を)