社畜

今すぐ転職を検討すべきなぬるま湯系ブラック企業の特徴

ブラック企業という言葉は近年一般的になりつつあります。
皆さんが口にするのは長時間労働の過労死問題や上司による
パワハラ、社内いじめなどかと思います。
典型的なブラック企業と言えますね。

しかし次世代のぬるま湯系ブラック企業

一件ブラック企業とは見えないが

本質的はブラック企業のていをなす企業のことです。
最近増えているようですね。



転職を検討すべきなぬるま湯系ブラック企業の特徴

以下が転職を検討すべきぬるま湯系ブラック企業の特徴です。

1.特に忙しくも暇でもないが単調な仕事で専門スキルが身に付かない

2.加えて取引金額や取引先規模も小さい

3.上司も放任主義という名の無関心を決め込み詰められることはないが
仕事環境や今後のキャリアについても相談できない(そもそも人興味がない)

4.しかし怒られる訳ではないので中途半端なぬるま湯のような居心地の良さを演出


いかがでしょうか。
何故上記がぬるま湯系ブラック企業と言えるか解説いたしましょう。

ぬるま湯系ブラック企業に浸かりすぎると転職リスクが高まる

結論から申し上げると、ぬるま湯系ブラック企業に居続けると

退職後転職がし辛くなることが挙げられます。

転職すべきぬるまゆブラック企業;専門的なスキルが身に付かない

専門性が伸びないため続けていること自体がマイナスになりかねません。
また未経験でも採用してもらえる年齢は30歳ジャスト前後までということも考えると
長く勤めればそれだけ程他の業種、業界に進むことが難しく人生の高まります。

転職すべきぬるまゆブラック企業;BtoCで取引金額や取引先規模が小さい

営業職の転職の際に重要なのがBtoBであったかCであったか。

また取引金額あ相手先の規模です

これらが大きければまだ転職の際若ければなんとかなる確率があがります。
転職の際特に営業職は特に取引金額と取引先の規模が見られるからです。

しかし相手はBtoCかつ金額も小さい場合キャリアチェンジが
年齢や勤続年数の向上で難しくなるなめ第二新卒を利用する。

20代後半で転職するなど早めに決断をすべきでしょう

転職すべきぬるまゆブラック企業;とにかく悪い意味で居心地が良い

3.4についてですが、よく言えば放任主義
悪く言えば無関心の状態のため相談もできませんが
詰められることも少ないでしょう。

また仕事も専門性や成長もないため脳死で惰性で続けられます。

この状態が究極のぬるま湯状態を作り上げるため
居心地が中途半端に良いのです。

しかし1.2を鑑みて長く勤めるリスクは御察しの通りです。

このようなブラック企業はそのようなことを冷静に判断する方向感覚もうばっていきます。

前向きに仕事をしたい意欲のある方は

今のキャリア、仕事が今後の可能性を奪って居ないか

早めに転職エージェントに相談し自分の方向性だけでも見極めた

方が良いでしょう。




転職なら以下エージェントがおすすめ。

転職エージェント名 掲載数
リクルートエージェント 約100,000社
マイナビエージェント 不明
Doda転職エージェント 約100,000社
キャリア転職サイトtype 不明
DYM 約2000社