社畜

営業職から未経験OKのSEへの転職するのは危険かも?理由について解説

営業職から未経験OKのSEへの転職するのは危険かも?

理由について解説します。




営業職から未経験歓迎SEの転職は危険?

今SE業界は人不足です。
中には業界未経験でもOKと大々的に募集をしているところまであります。

業界未経験でも憧れのSEデビュー、手に職つけようというキャッチーなセリフ。
一件良いところしかないように見えます。

しかし危険な部分もあります。

未経験なあなたが1、2ヶ月の研修でできてしまう仕事しかないかもしれないというリスクです。

なぜ営業職キャリアを捨て未経験可のSEに転職したいか突き詰める

あなたは今までの営業のキャリアを捨てて本当にSEになりますか?
人によってはこの選択悪手になりかねませんので理由について解説します。

営業職を辞めて未経験からのSEになること
あなたは現職営業職で20代後半、、第二新卒の時期は過ぎました。
ここから未経験で就職可能と歌っているSE業界ですが落とし穴はあります。

まずあなたが何故営業を辞めたいのかが重要です。恐らく以下のケースでしょう。

1.営業という仕事自体が苦手で嫌いで変えたいと思った

2.営業は好きだし成績も良いが現職の環境に不満、今の営業がスキルアップ望めないため長期的に今の営業を続けるのが不安。手っ取り早く手に職つけたいからSEがいいなと思った。

営業がそもそも嫌いでSEに転職したいケース

1の場合そもそも勤めて見て営業という仕事が嫌いであるということ、営業ほど
対人メインにしたくないという場合は選択としてはありかとおもいます。
(SEでも対人はあります。むしろ綿密な調整は営業より必要になる部分も)

現営業職で専門性がつかずSEになりたいと思ったケース

2.の場合あなたは結論専門性が身につく営業であれば問題ないという解釈にもとれます。

またこの専門性というのが厄介でSEになったから=潰しの効く専門性が身につくかと言われると何とも言えません。

何故でしょうか。

20代後半でも転職できる未経験SEって裏を返せば…

まずあなたが行うSEとしての仕事は未経験から入っても1、2ヶ月の研修で
できるレベルの素人に毛が生えたレベルの仕事である可能性があります。

この内容は得てして専門性が低く、若くて体力がある内しかできないこともあり
またこれを続けてやり続けたからと言って高い専門スキルが身につくかどうかは別の話です。

今は自社SEを雇わず必要な時にスポットで派遣で使った方がコストがかからないため
営業マンがあの手のこの手取ってきた専門性の身に付かない派遣常駐プロジェクト
を転々とし、結局だれでも身につくものしかできなかったということも考えられます。

営業マンがあなたのキャリアアップを考慮して仕事を取ってくるとは考えにくいですよね。

また覚える言語によっては廃れる場合もあるので常に主体的に勉強していく姿勢は常に必要になります。

こう言った背景を鑑みると、あなたは潰しの効かないハード売り営業職と大して変わらんなとおもうかもしれません。

SEへキャリアチェンジでは無く営業としてのキャリアを伸ばす

そう思えた時点で営業職を俯瞰して捉えられています。

何を隠そう私は上記のロジックに気づき、SE内定断りちゃんと
専門的なスキル形成ができるソリューション営業職に転職活動をやり直しました。

要は専門性がつくならそもそも営業が好きだったのでその方が良かったのです。

営業として華々しいキャリアを残せているなら尚更
一度冷静に見つめ直し転職エージェントに相談するのも良いでしょう。

転職エージェント名 掲載数
リクルートエージェント 約100,000社
マイナビエージェント 不明
Doda転職エージェント 約100,000社
キャリア転職サイトtype 不明
DYM 約2000社