ゲーム

キャップ投げ変化球シンカーの投げ方、フォームや握り方について解説

キャップ投げ変化球シンカーの投げ方、フォームや握りについて解説。



キャップ投げ変化球:シンカーの握り方、投げ方

キャップ投げの変化球のシンカーの握り方、投げ方についてです。

キャップ投げ返球の中では難易度は高いと思います。

まずはストレートの握りから見て見ましょう。

これが通常の上からみたストレートの握りです。

シンカーは上記ストレートの握り、持ち手の状態で

右に2、30度手首を回転させ以下の形を作りましょう。

この状態で裏拳、裏手甲でバシッとビンタ、つっこっみを入れる感じに

手を振りそのモーションに合わせて中指でキャップを弾きだしましょう。

キャップ投げ変化球:シンカーの投げ方、軌道

キャップ投げのシンカーの軌道、球筋はスライダーと逆のイメージです。

あなたが右利きの場合、投げ方にもよりますが上記のような軌道となります。。

左方向に軌道を膨らませてから右に大きく切れて行くのが特徴。

スピード 遅め
変化幅 左に膨らんでから右下に沈み込む変化
取得難易度

キャップ投げ変化球:シンカーの戦略、注意点

右投げ投手と左投げ投手がキャップ投げの変化球シンカーを利用した場合の戦略と注意点。

あなたが右投げピッチャーの場合

対右バッターに対しては手元に食い込んで来るような形になります。

詰まった打球になりゴロで打ち取れる確率が上がります。

空振りや三振は取り辛いです。

 

対左バッターに対してのシンカーはバットスイングから遠ざかる軌道になります。

軌道的に空振り、三振は取れますが、シンカーは握りと投げるのが若干他の

変化球よりも難しいため、制球、コントロールには気をつけたいところです。

あなたが左投げ投手の場合

右打者の体から遠ざかる球筋となるためスイングアウトが取りやすい。

 

左打者の手元にグット食い込んで来る球筋のため、凡打、ゴロ、貧打で

抑えやすい。打たせて取るピッチングをするのにベスト。

他の変化球に比べて難しいと思います。

よってコントロールミスや四死球に気をつける必要があるでしょう。

しっかり投げ込んで制球力がついていない状況で試合の大事な局面で投げ込む

のは多少リスクがあると思います。