社畜

転職の際、自力でweb応募,エージェントを利用するどちらが良いのかを分析、解説

転職活動を行う場合、自力でリクナビネクスト、マイナビを登録し自らweb応募する

もしくは転職エージェントに相談し求人を出してもらう、どちらが優位、良いでしょう。

結論は併用すべきと考えています。

転職活動はエージェントと自力応募の組み合わせが有効

転職活動を行う人のレベルにもよりますが転職活動にはエージェントと自力応募の組み合わせが有効だと考えています。

理由1.転職エージェントによっては未公開の求人を要しているため、自分が志望

している業界で受ける取りこぼしが少なくなる

(転職エージェント会社によってもばらつきがあるため2、3個登録がおすすめ)

(稀にその転職エージェントの会社を嫌っている企業などあり、そこからの応募は

合格率が低い場合などがあるようで、最大手のエージェントの方が無難)

 

理由2.費用の兼ね合いで転職エージェントに求人は出していないが、リクナビ

マイナビなどの自力応募の方では広告を売っている場合がある。

上記のことから貴方が志願したい内容の会社の求人をくまなく拾える可能性がある

ことが有効性の1つです。

 

しかし転職エージェントを利用する場合、貴方が転職で何を成し遂げたいかをきちんと

理解していないとデメリットを被る場合もあります。

転職エージェントのメリットとデメリットを理解しておきましょう。

転職の時、転職エージェントを利用するメリット

非公開の幅広い求人を拾える可能性があるため。応募の門戸が広がるのがメリット。

また貴方が高いレベルで自分の転職で成し遂げたいことを言葉、考えに落とせている場合。

貴方の転職の目的をはっきり初回のカウンセリングで伝えることで

明確な目標を持った求人の広い方をしてくれ、主導権を握りエージェントを効率よく動かせる可能性があります。

また、貴方が落としていた成し遂げたいことに対してヒントをくれる場合もあるでしょう。

直近の転職市場の情報をもらえるのもポイントです。以下の転職サービスはおすすめです。




転職エージェント名 掲載数
リクルートエージェント 約100,000社
マイナビエージェント 不明
Doda転職エージェント 約100,000社
キャリア転職サイトtype 不明
DYM 約2000社

 

 

転職の時、転職エージェントを利用するデメリット

企業によっては特定のエージェントを嫌う会社もあるようです。

最大手であれば問題ないと思いますが、極力大手のエージェントを使う必要はあります。

貴方が転職で成し遂げたいことをきちんと考え、言葉に落とせていない場合。

相手の転職エージェントがあまり有能な方でない場合、貴方の成し遂げたいことを

深堀したり、知ることができないケースがあります。

その状態で応募した求人に受かってしまった場合ミスマッチになるケースも。

また転職エージェントも自分の数字を抱えている場合もあり、考えが定まっていないと

売り上げに直結しそうな貴方にあっていない案件に応募しないとも限りません。

エージェントを上手く動かす能力が求められるため多少ハードルはあります。