ゲーム

キャップ投げ変化球のカーブの投げ方、握り方、コツを解説

キャップ投げの遊び方、戦略で重要なので

変化球カーブの握り方、投げ方、コツを解説します。

キャップ投げ変化球のカーブの握り方

キャップ投げの変化球カーブの投げ方を解説。

まずは基本の握り方ストレートの形を作りましょう。

この形を変形させカーブの握り方にします。

手首を左に2。30度ほど傾け、キャップをストレート

の向きの逆にします(蓋の窪みが上にくる形で)

キャップ投げ変化球カーブ投げ方

以下の図をご覧ください。

右手投げの場合右方向からゆっくりと膨らませて

左下に落ちていく起動をイメージしながらキャップを

弾き出すとお手本のようなカーブの軌道を描きます。

キャップ投げの変化球カーブではこの投げ方を意識しよう。

キャップ投げ変化球カーブのコツ

カーブは性質上、スライダーなどのよりも球速が遅く。

変化球の中でも速度がでません。

特徴としては大きくブレーキをかけながら大曲する

変化球です。

速度が遅い変化球なので無理やりスピードを求めると

失敗します。力まず大きな弧を描いてそれなりの

スピードでなげるのがキャップ投げカーブのコツです。

速度 遅い
変化量 大きい
キレ 鋭くないが大きく曲がる

キャップ投げ変化球カーブの有効な使い方、戦術

キャップ投げカーブはストレートと球速差があるため
この特徴を活用した投球が戦術、使い方としては有効でしょう。

早打ちをする打者
<ストレートのタイミングでバットを振っても球速が遅いため空振りを取れる>

ストレートにヤマをはるタイプの打者に有効

あなたが右投げの場合右バッターの肩口に向かって投げ
そこから変化させストライクゾーンをかすめるような
投げ方も有効な使い方、戦略と言えます。

相手が仰け反るような反応であれば三振もねらえるでしょう。

変化量は大きいですがキレは無くスピードが遅い為、あこいつ、次カーブ投げそうとヤマを張られると打たれやすい側面があります。またストレートとの投球フォームの違いを見て狙い球を変えてくるハイレベルな打者もいるため注意が必要です。
スライダーのように速さとキレが無いため、バレるとバットに当てやすい。