ゲーム

パチスロ新台情報名機シリーズ 11月5日導入 大海物語4withすーぱーそに子

パチスロの新台情報です。

 

タイトル:【大海物語4withすーぱーそに子】

2018年11月5日全国導入予定。

パチスロ新台情報名機シリーズ:大海物語4withすーぱーそに子

メーカー:三洋物産

海物語シリーズの最新作です。テレビアニメ、音楽CD、フィギュア等で活躍している「すーぱーそに子」とコラボしたパチスロ機となります。

個人的に考える設定判別のポイントを考えたいと思います。

本機のスペックは下記の通りです。

設定 BIG合算 REG合算 BONUS合算
1 1/269.7 1/334.4 1/149.3
2 1/266.4 1/322.8 1/146.0
5 1/255.0 1/278.9 1/133.2
6 1/241.8 1/242.7 1/121.1

上記を見るとやはりジャグラー方式ですね。

REGが高設定では優遇されているので、REG先行をしている台が高設定台の中心になってくると思います。

ただ1と6の差がジャグラー程大きくはないので、REGをぶっちぎる台を中心に打つとよいと思います。

BIG消化中の設定判別要素

ボーナス確率以外の設定推測要素(2018/10/1時点で分かっている要素)は下記です。

設定 右上りベル 右下りベル 小V型ベル
1 1/1.3 1/5.7 1/40.0
2 1/1.3 1/5.5 1/28.8
5 1/1.3 1/5.3 1/40.0
6 1/1.3 1/4.9 1/28.8

注目すべきは、「小V型ベル」の確率です。

4段階設定で偶数、奇数の判別ができるというのはかなり大きい要素だと思います。

注意点としては、アクロスシリーズと同様にこれだけ偶数、奇数がはっきりと判別できてしまう台は、偶数設定は2、最高設定で5を入れるホールが増えてしまうことが懸念されます。

店側の立場から分析すると、お客さんは偶数設定と判別できれば、少なくとも半日は満足して打ちますし、逆に5を入れれば、機械割を落して設定使ってますアピールができるわけです。

実際は2でも終日打って、6と勘違いしてしまう判別をする打ち手も出てくると思います。

そういった意味で設定が使われにくい台になってしまう懸念材料はありますが、導入直後は大丈夫でしょう。

REG消化中設定判別要素

REG中に出現するイラストのロゴ色と出現パターンにより設定の示唆があるようです。

詳細確認中。

ボーナス終了画面

ボーナス終了画面に「すーぱーそに子」のサインが出現すれば設定2以上が確定する。

・銀色のサイン:設定2以上確定

・金色のサイン:設定5以上確定

・虹色(レインボー):設定6確定

確定要素があるのは良いですね!

小役重複(設定判別に使えそうな役)

・通常リプレイ→青REG

設定1:1/1638.4

設定6:1/885.6

・中段チェリー

設定1:1/9362.3

設定6:1/5041.2

・チャンス目→青REG

設定1:1/4681.1

設定6:1/2427.3

・単独REGボーナス

設定1・2:1/16384.0

設定6:1/4681.2

以上のように全てのデータを覚える必要はないと思いますが、上記のようなポイントは覚えておくとよいと思います。

打ち方

左リールにバーを目押しし、チェリーをフォロー。

それ以外は適当押しでも問題はなさそうな感じです。

 

以上のように低設定でも遊びやすい台ではあると思います。

楽しみにしてます。

【関連記事】

パチスロ新台情報名機シリーズ 10月15日 ツインドラゴンハナハナ

パチスロ新台情報名機シリーズ 10月9日 ツインエンジェルブレイク(AーSLOT)

パチスロ新台情報名機シリーズ6号機 10月1日 HEY!鏡