ゲーム

パチスロ新台情報名機シリーズ 11月5日 らんま1/2(2018年)

パチスロの新台情報です。

新台でも少しでも勝率を上げるための個人的な考察を書いていきたいと思います。

タイトル:【らんま1/2(2018年)】

2018年11月5日全国導入開始予定。




パチスロ新台情報名機シリーズ:らんま1/2(2018年)

メーカー:エキサイト

格闘ラブコメ漫画「らんま1/2」のパチスロ機です。

本機はARTで出玉を増やすART特化タイプで、疑似ボーナスとARTのループで出玉を増やすタイプとなっております。

ART初当たり時は20G継続する疑似ボーナスからスタートし、ボーナス終了後にARTに突入する流れになっている。

基本スペック

設定 初当ART 機械割
1 1/516.5 97.3%
2 1/515.5 98.8%
3 1/514.8 100.6%
4 1/514.5 102.5%
5 1/514.1 104.3%
6 1/512.9 106.3%

このスペックを見る限り結構辛い台っぽいですね。

設定6でも106.3%という数字だけみると朝から勝ち気満々で勝負する台ではありませんね。

またARTの初当たり確率に設定差があまりないですね。

設定差があるとしたらCZの突入率等でしょうか。

あるいは何かしらの小役確率に差があるかどうか。

 

天井について

天井非搭載です。

リール配列・打ち方

打ち方はオーソドックスでしょう。

左リールにバーを狙いチェリーをフォロー。スイカまで滑ってきたらスイカ狙い。

効率の良い打ち方は挟み打ちでしょう。左バー狙いで右リール適当押しでよいと思います。

ポイント

本機のポイントは変身リプレイ(リプ・リプ・ベル)がか鍵を握っているようですね。

変身リプレイの1/2で高確へ移行。

高確中の変身リプレイの1/2でCZ(らんまチャンス)に突入。

らんまチャンス中の変身リプレイの1/2で疑似ボーナス突入。

この変身リプレイがどれぐらいの確率で引けるのかが肝ですね。

まとめ

もしかしたら「変身リプレイ」の確率に設定差がある可能性がありますね。(あくまで個人的な意見ですが)

それでも初当たり確率に設定差がないということは、高設定ほどARTが伸びやすいということなのでしょうか。

考えさせられますね。

スペック的にも朝から高設定目指して打つような台では無さそうですが、らんま好きの方にはたまらないかもしれないですね。

名機になる可能性もありますので、楽しみにしましょう。

 

【関連記事】

パチスロ新台情報名機シリーズ6号機 10月1日 HEY!鏡

パチスロ新台情報名機シリーズ6号機 10月9日 ツインエンジェルブレイク(A-SLOT)

パチスロ新台情報名機シリーズ 10月15日 ツインドラゴンハナハナ

パチスロ新台情報名機シリーズ 11月5日導入 大海物語4withすーぱーそに子

パチスロ新台情報名機シリーズ 11月5日 チェインクロニカル

パチスロ新台情報名機シリーズ 11月5日 スーパープラネットSP