エンタメ

メッツァビレッジ(ムーミンパーク)が埼玉県の飯能駅周辺にオープン。北欧気分が味わえる、バレーテーマパーク

小ネタ(こねた)シリーズです。

これは日常にある小さくも興味深い小ネタをただ書き綴るシリーズである。



埼玉で北欧気分が味わえるメッツァビレッジ(ムーミンパーク)がオープン

2018年11月9日にオープンしたメッツァビレッジについて。

埼玉県の飯能市に北欧気分が味わえるメッツァビレッジがオープンしました。

森と湖畔が調和する施設で北欧をイメージしています。

ムーミンパークができるとは思っていませんでしたが。

これができる前からムーミンのようなテーマパークだと思っていました。

(ムーミンバレーテーマパークって長いよね。)

オープンから3日経った本日までの街の声ですが。

「テーマパークに来た気分」、「北欧雑貨がかわいい」、「紅葉がきれい」。

「都会の喧騒を忘れられる」など様々な反応がありました。

メッツァビレッジ(ムーミンパーク):の交通、アクセス、最寄駅

郵便番号:357-0001。

住所:埼玉県飯能市宮沢327-6 メッツァ。

最寄り駅:飯能駅(循環バスで現地まで行けます。飯能駅から約3km。)

電車:池袋駅から西武池袋線約50分 八王子駅から約35分 横浜から約90分。

メッツァビレッジ(ムーミンパーク,バレー)イメージ図、マップ

メッツァビレッジは、「北欧時間が流れる森と湖での体験を通じて、こころの豊かさの本質に気づき、日常生活へと持ち帰れる場所」をコンセプトとした施設になります。

入場料:無料

無料という言葉に弱いですよね! 小さな子どもをお抱えの方は家族で行ってもお金かからないですよね。

普通のテーマパークでしたら、入園料だけで家族にはかなりキツイ金額になってしまいますからね。

興味ある方は是非行って日々の疲れを癒しに行ってみてはいかがでしょう。

またムーミンパークは、2019年3月16日オープン予定となっております。

ムーミン発祥の地フィンランド以外では、世界初となります。

ムーミンも癒しキャラですから、癒されに行ってみてはいかがでしょう。

カヌーを借りて、静かな湖と自然を感じることもできます。

秋シーズンは紅葉も楽しめるでしょう。

こんな感じのイメージです。

少し天気は悪かったですが。

埼玉県の西武池袋線飯能駅のムーミンパーク(ムーミンバレー)へ行ってみよう

本場フィンランド以外では世界初のムーミンのテーマパークです。

ムーミンファンにはたまらないのではないでしょうか。

ここでは、ムーミン一家が暮らすムーミン屋敷や、物語には欠かせない灯台も再現。天文台やシアター、劇場なども建設予定となっているようです。

ムーミンの原作者トーベ・ヤンソンのミュージアムなども計画されています。

都心からも意外と近いので、日帰りでさくっと行くのもいいと思います。

宿泊施設は、計画当初は構想に入っていたようですが、現時点では、中止が決まっています。

秩父なども近いので、秩父温泉の方に泊まりに行けば秩父旅行のオプションにも使えますね!

2018年11月9日オープンなので、是非行ってみてください。

【関連記事】

セグウェイがスケート型になった!最新型セグウェイDrift w1公開

ブラック企業必需品録音電卓でパワハラ対策、サウンド電卓で米津玄師のLemonが弾ける。購入(入手)方法