社畜

0円(タダ)でタクシーに乗れる 配車アプリ「MOV」で0円無料タクシーを呼べる

ディー・エヌ・エー(DeNA)が12月5日に次世代タクシー配車アプリ「MOV」の東京都内でのサービス開始にともない、乗車料金が無料(タダ)になる「0円タクシー」の走行を同日に開始しました。

0円でタクシーに乗れるなんて非常に良いことですよね。

情報が命ですから、このようなサービスがご老人の世代まで伝われば良いと願っています。




0円タクシーが登場 まずはアプリ「MOV」をダウンロードしよう

0円タクシーは、どうやって成り立っているかというと、皆さんが本来支払うお金を、契約スポンサーとMOVの広告宣伝費によって支払ってくれます。

タクシーの外装に広告をつけるということです。

スポンサー企業としても広告になるし、タクシーの利用客も増えるし、お互いにメリットがあるのでしょう。

初回スポンサーは、日清食品の「日清のどん兵衛」で、まずは都内で50台のタクシーが稼働するようです。

初回の0円タクシーの提供時間は、12月5日~31日(7~22時)の期間です。

配車可能エリアは、渋谷区、新宿区、港区、中央区、千代田区付近となるようです。

運行可能エリアは、東京23区全域となります。

また、12月26~31日までの期間限定で、乗客は「日清のどん兵衛天ぷらそば」がもらえるそうです。

配車アプリMOVの使い方・0円タクシー利用方法

もともとは「タクベル」というアプリ名でした。

「MOV(モブ)」としてリニューアルをしています。

アプリをダウンロードして簡単な登録をします。

・名前(ひらがな)、携帯番号、性別、生年月日だったと思います。

アプリを開くと地図が出てきます。

地図にタクシーの位置を確かめることができます。位置情報サービスを利用していれば、今自分がいる場所付近にタクシーを配車することができます。

こんな感じです。

0円ではないタクシーも混ざっているので、0円タクシーが近くにいるかをアプリ上の地図で探して配車してみてはどうでしょう。

以下関連記事でも同様のことが言えますが、キャッシュレス社会となってきています。(日本はキャッシュレス社会の後発国になりつつあります。)

このようなキャッシュレス社会にビットコイン等の仮想通貨もやはりチャンスが出てくるのではないでしょうか。

投資対象としてしか見られておりませんが、本来仮想通貨は、通貨として使い道があるわけですからね。

0円タクシー、仮に0円タクシーが捕まらなくても時代はスマートフォン、アプリ、キャッシュレス化、どんどん加速していくと思われます。

まずは興味をもってみたらいかがでしょう。

【関連記事】

今なら500円もらえる?決済アプリpaypay(ペイペイ)インストール、使い方。20%還元等累計100億円キャンペーン