社畜

管理体制としてどうなの?不動産会社社員が未使用スプレー缶ガス抜き北海道札幌市豊平区平岸ビル爆発

体制としてどうなの?不動産会社社員が未使用スプレー缶ガス抜き北海道札幌市豊平区平岸ビル爆発の事故がありました。

従業員に未使用スプレー缶100本ガス抜き

1,2本なら数量的に考えられますが、100本のスプレー缶※未使用を、含むをガス抜きする作業が何故オペレーションとして生まれたか謎です。

 

不動産屋なので当然引き渡しをする前はクリーニング、消臭などはするでしょうし、管理物件のメンテナンスとして使う予定だったのでしょうか?

本オペレーションが慢性的に発生していることこそ諸悪の原因と言えそうです。

計画的な数量を発注していなかったのかもしれませんね。

スプレー缶ガス爆発の件は社長の雇用者責任、上司の管理責任も

従業員の過失もありそうですが、あくまで会社の従業員としての行動。 当然雇用者の会社側、直接の上司も責任を負うことになると思います。

建物の復旧、飲食店の営業損失補填でも億単位の話になりそうです。

組織管理の甘さが招いた事故では?スプレー缶を100缶まとめてガス抜きするオペレーションは必要だったのか。

今回の問題はスプレー缶ガス処理をミスした個人というよりは、そのようなオペレーションを生んでいる組織体制が根本的な問題だと思います。

いくら個人で気をつけてもこのような作業が会社として発生し個人が処理することを容認していた組織長の問題でしょう。

そもそもその日まとめて100缶のスプレー缶をまとめてガス抜きする作業は本当にその日必要だったのでしょうか?

日頃の適切に処理したり、業者に任せるなどすればこのような事態は招かなかったのかと考えます。

結論

本件はアパマンショップ側の組織管理体制の問題が生んでしまった事故のように感じました。

このような無茶なオペレーション、危険な作業を従業員に無意識にさせてしまっている会社はこれを真摯に受け止め気をつけて頂きたいものです。