おすすめ

知らないと損(情報弱者は自らお金を減らす)家電製品の買い方

本当にお得な家電製品の買い方を伝授します。もっとも、これからご紹介する買い方は、家電製品に限った話ではありません。家具とかも全てに当てはまると思われます。

斬新な買い方ではあるので、騙されたと思って、値段の比較等してみてはいかがでしょうか。

やるべきことを順に端的に解説していきます。

本当の家電製品の買い方 まずは家電量販店で製品の型式、金額を確認する。

まずは家電量販店に行って、欲しいものの現物を見てこよう!

【やること】

欲しいものの候補をピックアップしたら、「型式・価格」をメモしておこう。

家に帰ってゆっくりとでよいので、インターネットで先ほどの「型式・価格」を比較します。

普通の人は「価格.com」ぐらいまでは考えとしては辿り着きますが、ここからが大事!

GoogleやYahoo!で「調査した型式 旧モデル」等で検索してみましょう。

すると旧モデルの価格(在庫情報)等が検索ヒットします。

旧モデルということもあり、金額は半額以下ということもざらにあります。

在庫処分のため、安値となったそれを購入しましょう。

本当の家電製品の買い方 電化製品メーカーに勤務経験者が語る

上記方法で旧モデルの商品を安値でゲットしたとしましょう。

一般の方は旧モデルか。。。と思うかもしれませんが、基本的に家電製品で多い場合は、1年に1回程度モデルチェンジをします。(モデルチェンジというよりは、マイナーチェンジという言い方の方が正しいかもしれません。

上記方法で調べた方は、お分かり頂けたかもしれませんが、型式が一文字だけ変わっていたりといっただけだったりします。

最新機種と旧機種の型式が判明したら仕様等を見比べてみてください。

見た目、寸法、製品重量、消費電力、機能等が全く変わっていないのに型式だけ一文字変えているということは普通にあります。

つまり仕様は何も変わっていないことがざらにあるということです。この場合、機械を分解してみても、部品の構造等も全て同じである場合が多いです。

それなのに旧モデルという理由でインターネット上では、半額以下で売られております。

(おそらく在庫処分ということで安値で売られているのだろうと思われますが)

・楽天市場

・Yahoo!ショッピング

・Amazon

etc…….

騙されたと思って検索して価格、仕様を比較してみてください。

型式一文字違いというだけで、それ以外は同じものが安く手に入りますよ。

情報弱者は、このような事実を知らないで高いお金を支払ってしまいます。

情報強者になって、お金を賢く使いましょう!