株式投資

IPO:2019年3月新規公開株スケジュール

当たれば勝率の高いIPO(新規公開株)

3月のスケジュールとおすすめ証券会社を紹介。




2019年3月【IPOスケジュール】新規公開株

最新IPOスケジュール。2019年2月〜3月応募で3月上場する(予定)の新規公開株一覧。

(情報は2019年2月9日段階で出ているもの。SBI証券より抜粋)

証券コード 銘柄名 抽選応募申込期間 (ブックビル期間) 取扱証券会社(一部記載)
1887 日本国土開発 2/15〜2/21 マネックス証券 ,他
7673 ダイコー通産 2/22~2/28 SBI証券,他
4432 ウイングアーク1st 2/26 ~3/1 SBI証券,マネックス証券,他
4434 サーバーワークス 2/26~3/4 SBI証券,マネックス証券,他
7057 エヌ・シー・エヌ 2/26~ 3/4 SBI証券,他
7060 ギークス 3/5 0:00~3/11 SBI証券,DMM株
1451 KHC 3/1 0:00~3/7 SBI証券,他
4436 ミンカブ・ジ・インフォノイド 3/1 0:00~3/7 SBI証券,マネックス証券
7059 コプロ・ホールディングス 3/4 0:00~3/8 SBI証券,他
7058 共栄セキュリティーサービス 3/4 0:00~3/8 SBI証券,マネックス証券
4435 カオナビ 2/28 0:00~3/6 SBI証券,マネックス証券
4437 gooddaysホールディングス(株) 3/7 0:00~3/13 11:00 SBI証券,DMM株
7674 (株)NATTY SWANKY 3/12 0:00~3/18 11:00 SBI証券,DMM株
7062 フレアス 3/11 0:00~3/15 11:00 SBI証券,DMM株
7061 日本ホスピスホールディングス(株) 3/11 0:00~3/15 11:00 SBI証券,マネックス証券,DMM株
4438 Welby 3月13日〜3月19日 SBI証券,マネックス証券,DMM株
7063 エードット 3月12日〜3月18日 SBI証券,マネックス証券,DMM株
4439 東名 3月18日〜3月25日 SBI証券,他
ヴィッツ 3月20日〜3月27日 SBI証券,他

※ブックビルディングとは(コトバンクより引用)…新規公開株の公開価格を決める方式の一つ。公開前に引受証券会社が価格帯を決め、投資家がその範囲で購入希望の価格と数量を申告する。それを受けて公開価格が決められ、需要が多い場合には抽選で投資家に売り渡される。ブックビル。
[補説]人気銘柄の場合、ほとんどの投資家が価格帯の上限で申告するため、その価格が公開価格となることが多い。

IPO(新規公開株)の当選確率を上げる方法

方法は一つだけ。

複数証券会社の口座を開設し複数抽選申し込みをする。

これだけ。

**お勧め証券会社***

SBI証券
マネックス証券
・岩井コスモ証券
・DMM株

************

前提としてIPO抽選は基本ハズレます。

当たったらラッキーというレベル。

よって複数証券会社で複数抽選申し込みは必須です。

IPO申し込みの注意点

証券会社よって取り扱っているIPO銘柄が異る場合も。

いざ有力銘柄の抽選をしようと思ったら今開設の口座では抽選ができないことも。

予め複数の証券会社の口座開設は行っておきましょう。

おすすめ証券会社

証券会社 ソフトバンクIPO公募 特徴
SBI証券(ネクシイーズトレード) IPOに強いネット証券会社
岩井コスモ証券 IPO投資は完全平等抽選
DMM株 不可 業界最安値水準の手数料
マネックス証券 株取引初心者におすすめ

【注意】IPOの抽選方法は証券会社毎に異なる

IPO当選確率を上げるためには複数証券会社を口座開設することが有効なのは先述の通りです。

合わせて証券会社毎にIPO抽選時の特徴を理解しておけば当選確率をより上げることができます。

 

・チャレンジポイントが利用できるSBI証券

・個人投資家にも利用しやすいマネックス証券

★チャレンジポイントが利用できるSBI証券

SBI証券は新規上場株式のブックビルディング抽選に外れた回数に応じポイントを加算する制度を取っています。

上記IPOチャレンジポイントは次回以後のIPOブックビルディングの時に使うことで当選しやすくなります。

SBIで何度も落選してチャレンジポイントを貯めておき

本命のIPOのブックビルディングで使用し当選確率上げよう。

補足…SBI証券では外れておくことでポイントを貯めることも非常に重要になります。

 

★個人投資家にも利用しやすいマネックス証券

マネックス証券はIPO抽選の申し込み株数に関わらず抽選が公平です。

多少申し込み数で優劣をつける証券会社もあるようですがマネックス証券は抽選を公平にすることをうたっています。

申込数で優劣をつけた場合。

個人投資家は億単位で申し込む機関投資家に勝てません。

【抽選が公平】は非常に重要な要素と言えます。

IPO投資の勝率を上げる方法(公募割れの避け方)

IPOは当選→購入で勝確と思っている方がいますが、当然負ける確率も孕んでいます。

より勝率を上げるため、公募割れのIPOを避けるために以下の3点は意識しましょう。

1.新規公開株数が多すぎる銘柄は検討。

(例ソフトバンクIPO…最大で約17億6400万株(37%弱)を売り出す予定だった。

売り出すSB株の9割は国内向けで、個人が販売の中心。結果は公募割れで多くの個人投資家が悲鳴をあげた。。。)

2.業績が悪い会社は検討。

IPOの抽選申し込みの際、購入の際に銘柄の目論見書の内容を確認します。

この中から直近の会社の業績も確認ができるので赤字や数値がよく無い銘柄は

公募割れのリスクがあるため避けた方が無難です。

3.公募価格が仮条件の上限一杯でない銘柄は検討。

(通常は1300円~1500円という幅を持たせて抽選するが、ソフトバンクIPOのように1株1500円と幅を持たせず決めてきた【滅多にない】)

通常は上限で決まることが多いし、上限でIPO応募しないとその場合は当たりません。

よって上限で価格が当選しない銘柄は人気が無いなど何か理由がある場合が多いです。

3月IPO銘柄:サーバーワークス

サーバーワークスは東証マザーズに上場を予定。

比較的IPO上場後に価格が上がりやすいと言われているIT,クラウド分野の企業。

サーバーワークス特徴(HPより引用)

AWSパートナーの中で最上位の認定を受けたAWS専業のインテグレーター集団。

オンプレミスのサーバーから、クラウド(AWS)に移管する、相談、業務を得意としている。

AWS運用自動化。

事業内容

1.クラウドコンピューティングを活用したシステム企画・開発及び運用
2.インターネット関連システムの企画・開発及び運用
3.Saas/ASPサービス/IT商品の企画・開発及び運用

導入実績

琉球銀行、ベルーナ、sansan等

 

会社概要(公式HPより引用)

115名 (2018年8月現在/契約社員含む)

◆関連記事

2019年2月IPOスケジュール