株式投資

2019年IPO上場初値と公募価格まとめ一覧。価格割れ確率,勝率

当選すれば投資の素人でも高い確率で勝利。儲けることができるIPO。

2019年の勝率、当選していたらどのぐらい儲かったのかを一覧でまとめました。

2019年IPO上場初値と公募価格まとめ一覧。価格割れ確率,勝率

2019年IPO上場初値と公募価格まとめ一覧です。

果たして勝率は?そして価格割れの確率は。

2019年3月8日現在 

【IPOが全て当選した場合の勝率11戦8勝3敗】

仮に当選後上場初値で利益確定した場合は

254万程の利益が出ている計算に。

ハードルも抽選参加と当選確認を忘れずにチェックするだけなので簡単に誰でもできます。

 

私がおすすめするIPO抽選が可能な証券会社はコチラ↓↓↓

複数抽選した方が有利なので全部の口座開設しておこう。

● SBI証券・・・抽選した努力が無駄にならない独自のIPOチャレンジポイントが魅力

● マネックス証券・・・平等な抽選が魅力

● DMM株・・・最近IPOに力を入れ始めた。意外と知られていないので抽選にチャンスがあるかも。

● 岩井コスモ証券・・・稀にIPOを行なっている。

● GMOクリック証券・・・IPOはほとんど行なっていないが、手数料が安い。

IPO外れてもそのまま右肩上がりに株価が上昇するものもあるので外れたけど上場日に買いたい場合(セカンダリ)、値動きが激しい上場初日にデイトレをしたい場合はおすすめ。

IPOの企業名 公募価格 初値 初値で売却した場合の損益
エネクス・インフラ投資法人 92,000円 88,300円 公募価格割

1株あたり

-3700円 -4%

エスコンジャパンリート法人 101,000円 97,200円 公募価格割

1株あたり

-3800円 -3.8%

識学(コンサル,IT) 1,800円 4,550円 1株あたり

+2750円

100株で

275,000円の利益

リックソフト(IT) 4,000円 9,050円 1株あたり

+5,050円

100株で

505,000円の利益

東海ソフト(IT) 1,500円 2,872円 1株あたり

+1,372円

100株で

137,200円の利益

フロンティアインターナショナル(プロモーション、広告) 2,410円 2,715円 1株あたり

+305円

100株で

30,500円の利益

スマレジ(IT,アプリ,クラウド) 1,370円 3,225円 1株あたり

+1,855円

100株で

185,500円の利益

日本国土開発 510円 624円 1株あたり

+114円

100株で

11,400円の利益

ダイコー通産(通信) 1,540円 3月12日上場

1,732円

1株あたり

+192円

100株あたり

19,200円の利益

サンケイリアルエステート投資法人(リートファンド) 100,000円 3月12日上場

97,000円

1株あたり

-3000円

サーバーワークス(IT,クラウド) 4,780円 3月13日上場

18000円

1株あたり

+13,220

100株で

1,322,000円の利益

エヌ・シー・エヌ
カオナビ
共栄セキュリティーサービス
KHC
ミンカブ・ジ・インフォノイイド
コプロ・ホールディングス
ギークス
gooddaysホールディングス
日本ホスピスホールディングス
フレアス
NATTY SWANKY
エードット
Welby
東名
ヴィッツ

2019年IPO公募価格割れ特徴は,損を出しやすい傾向は

2018年から引き続きリート(不動産)系の上場は値付けが弱いという印象を受けます。

またIT分野からの上場はリックソフト、スマレジのように価格を大きく伸ばしているようです。

極力人気のない業種は避けて、価格の上がりやすいIT系の業種に絞ってIPOを申し込むのもテクニックとして有効でしょう。

 

私がおすすめするIPO抽選が可能な証券会社はコチラ↓↓↓

複数抽選した方が有利なので全部の口座開設しておこう。

● SBI証券・・・抽選した努力が無駄にならない独自のIPOチャレンジポイントが魅力

● マネックス証券・・・平等な抽選が魅力

● DMM株・・・最近IPOに力を入れ始めた。意外と知られていないので抽選にチャンスがあるかも。

● 岩井コスモ証券・・・稀にIPOを行なっている。

● GMOクリック証券・・・IPOはほとんど行なっていないが、手数料が安い。

投資初心者、トレードセンス(才能)無い人こそIPO

IPO公募価格割れしなそうな銘柄を選んで当選さえしてしまえば2019年の統計上

8割近くの勝率を誇ります。

短期デイトレードが苦手、チャートが読めない、センスがないけどお金を増やしたい人こそ。

コツコツ貯蓄し、IPO抽選一択にかけるのもアリだと思います。

投資センスの無い奴にデイトレ一攫千金は不可能

タイトル通りです。センスの無い人はお金を無くすので。

大人しくIPO投資だけしていれば良いと思います。

中途半端にデイトレードでお金を減らすより、IPO以外で投資はしない。こう割り切ることも資産を守る上で必要です。

 

私がおすすめするIPO抽選が可能な証券会社はコチラ↓↓↓

複数抽選した方が有利なので全部の口座開設しておこう。

● SBI証券・・・抽選した努力が無駄にならない独自のIPOチャレンジポイントが魅力

● マネックス証券・・・平等な抽選が魅力

● DMM株・・・最近IPOに力を入れ始めた。意外と知られていないので抽選にチャンスがあるかも。

● 岩井コスモ証券・・・稀にIPOを行なっている。

● GMOクリック証券・・・IPOはほとんど行なっていないが、手数料が安い。

デイトレのセンスの無い人が上手くなったのを見たことない

経験上短期トレードが下手くそな人はチャート、インジケーターが読めない等、技術云々

が問題の場合もあるが、メンタル面や性格上向いてない本質的な問題の場合が多く。

いくら敏腕トレーダーに習っても短期トレードは投資スキルのクオリティが上がらない傾向があると感じています。

苦手な分野を伸ばすのは時間も金もかかります。

この際デイトレで一攫千金は諦めて地道にIPOでも良いと思います。

当てれば一定確率で勝てるのですから。。。。